完璧なものを用意しなければいけない

キャスティング

映画やコマーシャルなどのオーディションを受けるときは、いきなり面接ではなく、書類審査が用意されている場合がほとんどです。その審査のための書類には写真をつけなければいけないので、きちんと用意するようにしましょう。ただし写真を撮ればよいというわけではなく、完璧な写りのものを用意しなければいけません。見た目はオーディションに受かるための重要な要素になるため、自身の魅力が最大限に発揮されている写真を用意しましょう。なお、写真は安く用意する方法と、ある程度の費用を支払うことで用意する方法があります。どちらともの方法をしっかりと把握をして、後悔しないほうを選ぶことをおすすめします。

安さを考えて用意する場合

スタジオ

写真写りには自信があって、どのような撮影方法でも完璧な自分を演出できるというのなら、証明写真を撮影するような写真ボックスを活用するのもよいでしょう。街のあちこちにあり、500円程度支払えば自動的に撮影してくれて、それをしっかりと印刷してくれます。肌を明るくするなどする機能を持っている写真ボックスもあるので、少しでも完璧に写りたいなら利用を考えましょう。また、素人でも腕のよいカメラマンが身近にいるときは、その方に頼むのもよいです。知り合いならば食事をおごるなどすれば、撮影してくれる可能性が高いでしょう。撮影技術を把握するために過去に取った作品を見せてもらい、オーディションに通用するのか確かめてからお願いしましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3